読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90番目の夜

音楽と脳の研究紹介や、文献管理ソフトの人柱報告などしています。

これであなたもモテモテ王国。

Women Attracted to Men in Red, Research Shows
(Science Dailyより)


赤い色の服を着た男性の方が女性にモテるかも、という研究の紹介です。


ロチェスター大学のAndrew Elliot教授たちは、288人の女性に男性の写真を見せて、
映っている男性と「デートしたいか、キスしたいか、もっと先までいきたいか」という
エロ方面の評価と、よりナチュラルな「好感度、優しさ、社交性」といった人物評価を
してもらいました。


その結果、写真を赤い枠で囲ったり、同じ男性の写真を画像処理ソフトで服の色だけ
赤にしたりといくつかバリエーションを作ったにも関わらず、赤い色の入った写真
の男性に対する性的魅力についての評価が高くなる傾向が見られました。




なぜ赤色なのかということについては、赤が社会的なステータスの高さを示すからだと
Elliot教授は述べています。古代ローマの時代には高貴な人のことを「赤を着る人
(the ones who wear red)」と呼んでいたそうで、また現代でも、セレブが集まる
パーティ会場には赤じゅうたんが敷かれるし、自信があるように見せたいビジネスマン
は赤いネクタイを締めるそうです。


つまり、そうした刷り込み(赤いものを身近に持っている人は社会的な地位が高く、
お金を持ってそうで、将来はさらに高い社会的地位に進みそう)によって、女性は
赤い服の男性を社会的なステータスが高いと認識し、その人を好きになるという
事になります。


なんというか身も蓋もない話ですが、別の研究では男性が女性を評価するときに
条件によっては同じように赤色の影響が見られたようなので、男女どちらも
考えることは同じみたいですね。(笑)


また別の研究では、競争しなければいけない状況では赤色がかえってマイナスに
働くことも示されており、Elliot教授は「我々は色を美的な側面だけで考えがち
だが、色には意味がありそれは我々の知覚や行動に影響を与えているのだ」と
述べています。






色が我々の認識に影響を与えるというのは、個人的にはありそうな話だと思いますが
何はともあれ、赤い服を着るだけでモテ度がアップする可能性があるなら
やってみる価値はありそうですよ、みなさん。( ̄ー ̄)ニヤリ