読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90番目の夜

音楽と脳の研究紹介や、文献管理ソフトの人柱報告などしています。

ムーディなマクドナルド?

今日は時間がないので簡単に…

Softer Fast Food Restaurant Lighting and Music Can Cut Calorie Intake 18 Percent
(Science Dailyより)


ムーディなレストランでオシャレにディナーを…なんていいますが、
こういうときは普段よりもついついお腹いっぱいに食べてしまいがちです。


ところが調べてみると、抑えた照明と静かな音楽があるところで食事を取る時は
普段のレストランで食べるより量が減り、18%もカロリー控えめになる一方で、
食事への満足度は高くなる、という研究についての記事です。


これは特にファーストフードのレストランにとって重要な情報だろう、と著者の
Brian Wansnik教授は述べていますが、お店側にとっては、ムーディな
雰囲気にした方がいいのかしない方がいいのか微妙なところですね。


どうでもいいですが、Wansnik教授の研究室のwebサイトが良い感じです。



A Little Music Training Goes a Long Way: Practicing Music for Only Few Years in Childhood Helps Improve Adult Brain
(Science Dailyより)


先週のJournal of Neuroscienceに載った論文についての記事です。
聴性脳幹反応(ABR)という、音に対して脳幹部で生じる活動がありますが、
これは聞こえてきた音と同じ様な形で反応するそうです。つまり、1000Hz
の音を聞かせると同じ様に1000Hzの波形が見られるし、「da」という声を
聴かせると、その波形と同じような活動が見られるというらしいです。
たしか…(汗)


論文では異なる量の音楽経験を持つ人々に対して音に対するABRを
測定したところ、音楽経験が多いほど音に対する反応がきれいに
見られたということです。


この研究はNorthwestern大学のNina Kraus教授の研究室で行われ
ましたが、Kraus教授はABRを用いて多くの論文を出しています。
記事によると、彼女は「現在のあなたを作るのは過去の自分である」
というのをテーマにしており、今回の研究もこれを裏付けるものだ
と述べています。