読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90番目の夜

音楽と脳の研究紹介や、文献管理ソフトの人柱報告などしています。

音楽の脳科学に関する論文集 vol.60

さて…


かなり久しぶりとなりましたが、私は元気でやっております。
所属していたプロジェクトが残念ながら解散が決まり、ブログなんて
書いている場合じゃないーと公募に出したり論文書いたりしていました。
3月まで次の職場が決まらずかなり緊迫した状況でしたが、結局は共同研究
でお世話になっていた京都の研究室に残ることになりホッとしています。


またここも2年後にはどうなっているか分からんのですが…(汗)


とりあえず時間のある時にはこのブログも進めていこうと思います。
というわけで、まずはリハビリとして音楽関係の特集号が組まれていたので
それをご紹介。


Topics in Cognitive Scienceという雑誌で、Trends in Cognitive Sciences
という超有名な雑誌と間違えそうな名前ですが、昨年の冬に音楽関係の特集号を
組んでいました。developmentやcomputational model、cross-cultureといった
観点もあり、ちょっと広い分野からの論文が集まっている気がします。



Topics in Cognitive Science
October 2012 Volume 4, Issue 4, Pages 467–794

Editors’ Introduction: Music Cognition and the Cognitive Sciences
Music Cognition and the Cognitive Sciences (pages 468–484)
Marcus Pearce and Martin Rohrmeier


Development and Evolution
Music Cognition: A Developmental Perspective (pages 485–497)
Stephanie M. Stalinski and E. Glenn Schellenberg

Musicality: Instinct or Acquired Skill? (pages 498–512)
Gary F. Marcus

Cognition and the Evolution of Music: Pitfalls and Prospects (pages 513–524)
Henkjan Honing and Annemie Ploeger


Learning and Processing
Implicit Learning and Acquisition of Music (pages 525–553)
Martin Rohrmeier and Patrick Rebuschat

Learning and Liking of Melody and Harmony: Further Studies in Artificial Grammar Learning (pages 554–567)
Psyche Loui

Music and Language Perception: Expectations, Structural Integration, and Cognitive Sequencing (pages 568–584)
Barbara Tillmann

Neural Mechanisms of Rhythm Perception: Current Findings and Future Perspectives (pages 585–606)
Jessica A. Grahn


Computational Modeling
Modeling Listeners’ Emotional Response to Music (pages 607–624)
Tuomas Eerola

Auditory Expectation: The Information Dynamics of Music Perception and Cognition (pages 625–652)
Marcus T. Pearce and Geraint A. Wiggins


Cross-cultural Perspectives
Music Perception and Cognition: A Review of Recent Cross-Cultural Research (pages 653–667)
Catherine J. Stevens

Cognitive Science and the Cultural Nature of Music (pages 668–677)
Ian Cross


Conclusion
Two Challenges in Cognitive Musicology (pages 678–684)
David Huron


もうひとつ違うテーマでいくつか論文が特集されていましたが、これは音楽とは
関係なさそうなので割愛しました。


さて次回はこの特集の最後にあるHuronさんの論文でもレビューしようかな、と
思いながらTrends in Cognitive Sciencesのサイトを見たらNeurochemistry of Music(PDF)というレビューが出ているではないですか。
こっちの方が面白いかなぁ。