読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90番目の夜

音楽と脳の研究紹介や、文献管理ソフトの人柱報告などしています。

ご無沙汰でした。

今年の神経科学学会も無事終わり、発表も終わったことでまた書けるときに

書いていこうかなと。

 

今日は音楽心理学系の雑誌Music Perceptionからの特別号のお知らせです。

 

1990年にBregmanの「Auditory scene analysis」、Krumhanslの「The cognitive foundation of musical pitch」、Narmourの「The analysis and cognition of basic melodic structures」という3冊の名著が出版されてから今年で25年が経つことを記念して、7月にモントリオールで2日間のシンポジウムが行われました。その記念行事の一環として、Music Perceptionでは来年6月を出版のめどとして特別号を組むようです。原稿の提出締切は来月の頭ですが…

 

Music Perceptionは脳活動を見たという論文はあまりない印象ですが、たまたまリジェクトされた論文を持ってる!など原稿があって、かつ興味のある方は狙ってみてはどうでしょうかw

 

 (3冊のうちBregmanの本しか知らないなんて言えない…)