読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90番目の夜

音楽と脳の研究紹介や、文献管理ソフトの人柱報告などしています。

科学ニュース

ムーディなマクドナルド?

今日は時間がないので簡単に… Softer Fast Food Restaurant Lighting and Music Can Cut Calorie Intake 18 Percent (Science Dailyより) ムーディなレストランでオシャレにディナーを…なんていいますが、 こういうときは普段よりもついついお腹いっぱいに…

音楽と鳥の歌は無関係だった!?

Birdsong Not Music, After All (ScienceNOWより) 鳥の歌をまねたのが音楽の起源だという説がありますが、実際に聞いてみると 確かに歌っているみたいに聞こえますよね。 鳥の歌と音楽との関連性についてはこれまで色々なところで色々な人が色々な 事を言…

たまにはクラシック以外の話題も。

Can Science Predict a Hit Song? (Science Dailyより) 過去50年のヒットチャートを元にして、ヒット曲に見られる特徴を調べたという 変わった研究の紹介です。 テンポや曲の長さ、音量、ハーモニーの複雑さなど23個の特徴を元にして、 ヒットチャートのト…

ストラディバリか新品か?

あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりましたとともに、 更新が滞るにも関わらずお越しいただきありがとうございます。今年の目標は (最低)週一回更新ということにして、細々とやっていきたいと思います。 さて、新年第一回目のニュース…

音楽の記憶とEarwormの研究

How can musicians keep playing despite amnesia? (BBCニュースより) イギリスで指揮者をしていたClive Wearingさんはヘルペス脳炎によって 記憶に障害を受け、わずか10秒前の出来事すら思い出せなくなって しまいました。これはかなり重篤なレベルの健忘症…

音楽やればノーベル賞も夢ではないのですよ。

The newest Nobel Laureate is also a musician! (Scientific Americanより) 今年のノーベル物理学賞は宇宙の膨張加速を発見したアダム・リース、 ブライアン・シュミット、ソール・パールマッター教授らに決まりましたが、 パールマッター教授は宇宙物理学…

イグ・ノーベル賞

さて、すでにいくつかニュースで報じられていたりしますが、 今年のイグ・ノーベル賞が発表されました。 イグ・ノーベル賞に日本人 つ〜んとわさび火災報知器(asahi.com) イグ・ノーベル賞に日本の7人 わさびの香りの火災警報装置 (日経新聞) わさびで…

今年のノーベル賞予想は・・・

【 2011年9月21日 ノーベル物理学賞有力候補に大野英男東北大教授 】 (サイエンスポータルより)ちょっと古くなってしまいましたが、今年もノーベル賞の季節がやってきました。 例年日本人が何人か候補として挙げられている感じですが、今年は東北大から 一…

ちょっと古いニュースですが…

月日が経つのは早いですねぇ(しみじみ) 気が付いたらまた2週間経っていました。 先週は大阪まで研究会に行こうとしたら、まんまと道に迷って 挫折してしまいました… Music Changes Perception, Research Shows (Science Dailyより) ScienceDaily (Apr. 2…

あなたの音楽性をテストします。

How musical are you? (BBCのサイト) イギリスのBBCがロンドン大学と協力して、音楽に関する能力について 面白いテストを行っているようです。主な目的はイギリス人の音楽能力 について調べる事のようですが、質問紙に答えたり音楽性のテストを 行うことで…

音痴の神経メカニズムを探る。

The Neuroscience of Tone Deafness (Scientific Americanより) 音痴の研究といえばIzabelle Peretzさんですが有名ですが、彼女が 音痴の神経メカニズムに迫った研究を紹介した記事で、人の顔が 覚えられなくなる相貌失認という症状と似たようなメカニズム…

音楽への感動とドーパミンの関係

先週のNature Neuroscienceに、好きな音楽を聴いたときに感じるChill response (鳥肌感とでも訳せばピッタリ?)と脳内の報酬系から生じるドーパミンとの関係 についての論文が出ましたが、2つの科学系ニュースが取り上げていました。 Musical pleasure (…

逆境の中、ポスドクは頑張っているんですよ。

<論文>優れたものほど若手・外国人が支え 文科省など調査 (Yahoo!ニュースより) 国内外で引用される回数が多い優れた科学論文ほど、「ポスドク」と呼ばれる任期付きの若手研究者や外国人研究者が多く参加していることが4日、文部科学省科学技術政策研究…

研究者もつらいよ…

2010 Life Sciences Salary Survey (The Scientistより) The Scientistから、アメリカの研究者業界における経済的な状況について 調査を行ったというニュースです。この調査は10年来行っているのですが、 今年は前年度よりも給料が下がっている傾向が見ら…

音楽と脳に関するポッドキャスト

The Library of Congress: Music and the Brain アメリカ議会図書館(The Library of Congress)は一億点を越える視聴覚資料を有する 世界最大規模の国立図書館で、日本の国会図書館もここをモデルに作られたそうです。 この図書館ではなんと1970年代からネ…

ちょっとタイミングは遅いですが…

今年のイグノーベル賞が9月30日に発表されました。 すでに多くのサイトで受賞内容が紹介されていますが、ほかのサイトよりは もう少し詳しく紹介していきましょう。 工学賞(クジラから微生物を採取するためにラジコンヘリを使う方法の確立) Karina Acevedo…

トムソン・ロイターのノーベル賞予想と忘れちゃいけないアレ

21名の新たなノーベル賞有力候補者を発表 (トムソン・ロイターより) 今年もそんな季節になってしまいました。 研究機関や論文引用のランキングで知られるトムソン・ロイター社が、 今年のノーベル賞有力候補の21名を「トムソン・ロイター引用栄誉賞」とし…

久しぶりのような気がする音楽関連のニュース

Music on prescription could help treat emotional and physical pain (EurekAlert!より) 音楽がどうして感動をもたらすのかは、研究者だけでなく多くの人にとって 疑問ですが、イギリスの研究者たちは最新の音響的な分析機器や数学的 なモデルを用いてそれ…

話題性はバツグンですが…

イタコ「口寄せ」癒やしに効果…国助成で研究 (Yahoo!ニュースより) 故人の霊を呼び寄せて言葉を伝えるイタコの「口寄せ」に、自殺者の遺族(自死遺族)が癒やされるケースが多いことに注目し、その理由を探る文部科学省の補助金助成研究が、今月末からスタ…

これであなたもモテモテ王国。

Women Attracted to Men in Red, Research Shows (Science Dailyより) 赤い色の服を着た男性の方が女性にモテるかも、という研究の紹介です。 ロチェスター大学のAndrew Elliot教授たちは、288人の女性に男性の写真を見せて、 映っている男性と「デートし…

アルジャーノン…

ほぼノーミス「天才ラット」誕生 東海大、30年かけ (Asahi.comより) 賢いラットを実験で選び出し、95世代かけ合わせて、「天才ラット」を誕生させた。東海大学が30年がかりで育てた。普通のラットは学習能力の実験で360回中、多い時は8割以上失…

そのうちAKBバナナとか出そうな予感。

モーツァルトバナナ:“音楽熟成”で糖度アップ? 豊岡中央青果が出荷 /兵庫 ◇「将来、京阪神にも」 豊岡市福田の豊岡中央青果(鈴木栄一社長)は、音楽を聴かせながら熟成させたバナナを「モーツァルトバナナ」と名づけ、12日、出荷を始めた。 食品の熟成…

科学的なPK戦の攻略法。

デンマーク戦、午前5時以降の視聴率は40.9% 関東日本―パラグアイ戦、視聴率は57.3% 関東地区 (Asahi.comより) もう旬を逃した話題かもしれませんが、ワールドカップでの日本代表の戦いは 予想を裏切る大健闘だったのではないでしょうか。開催前…

音楽と言語に見られる共通性

Music and speech share a code for communicating sadness in the minor third (Scientific Americanより) 一般的に、長調の音楽は明るく楽しい感じで短調の曲は暗くて悲しい感じがしますが、 これらの違いは、ドミソの和音で言えばドとミの間の音程が長…

そういえばムーディー勝山って芸人がいましたね。

Love Ballad Leaves Women More Open to a Date (Science Dailyより) 女性を口説くときにはBGMに気をつければ成功率が上がるかも、という話です。 こんな研究よく出来たなーという感じですが、12人の男性の中から選ばれた平均的な イイ男を使って女性の電…

Patel博士のインタビュー in New York Times

Complex nonlinguistic auditory processing? (Music Mattersより)毎月1度くらいの低頻度更新でおなじみのMusic Mattersから、New York Timesに 載ったAniruddh D. Patel博士のインタビューが紹介されています。 Exploring Music's Hold on the Mind (New Y…

頭の中には壊れたジュークボックスがあるんです。

Hey Jude: Get That Song out My Head! (Science Dailyより) 以前地下街を歩いていたら、突然頭の中でキャンディーズの「年下の男の子」が 浮かんできて、しばらくそれが頭から離れず困ったことがありました。 おそらくほとんどの人がこういう風に頭の中で…

きれいな音程の謎、リズムに隠れた規則性。

What makes music sound so sweet (or not) (EurekAlert!より)Music Listeners Like Harmony's Math (Scientific Americanより) なぜ特定の音程、例えば完全5度(ドとソ)はきれいな音程に感じられるのに、 長2度(ドとレ)はきれいな音程とは感じられな…

コーヒー好きのためのニュース

Caffeine May Slow Alzheimer's Disease and Other Dementias, Restore Cognitive Function, According to New Evidence (Science Dailyより) Journal of Alzheimer Diseasesという雑誌で、カフェインが脳に与える影響 について特集が組まれています。それに…

今週「へー」と思ったニュース。

iPS細胞から耳有毛細胞再生 難聴原因、マウスで成功 (asahi.comより) 音の聞き取りに重要な耳の有毛細胞を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作ることに、米スタンフォード大の大島一男講師らがマウスで成功した。マウスでも耳や目など感覚器に関連する細…

ヨガで食料問題も解決?

70年断食の印ヨガ聖者、科学者も仰天 (AFP BBNewsより) 70年前から食べ物も飲み物も摂取していないという83歳のインド人ヨギ(ヨガの聖者)について、体の仕組みを15日間にわたって調査したインドの科学者たちが、観察期間が何事もなく終了したことに仰天…

プログラムは読まない方がコンサートを楽しめる?

Can reading program notes reduce your enjoyment of music? (Music Matters より) クラシックのコンサートに行くとき、プログラムの解説やはさんであるチラシを 見るのがけっこう好きです。曲の構成や背景、時には団員の話なんかが 載っていて読んでいて…

不思議な音の世界へ。

Auditory Illusions (Scientific Americanより) Scientific Americanが出しているポッドキャストの記事なんですが、 音声のみという特徴を生かして(?)、今回の内容は音の錯覚です。 といっても、単に錯覚を2つ紹介しているだけなんですが、一つは 音楽…

高齢ポスドクの背中を見て学生は育つ。

「ポスドク」3分の1が35歳超 (Yahoo!ニュースより) 博士課程修了後、任期付きの不安定な立場で研究を続ける「ポストドクター(ポスドク)」が2008年度は1万7945人(前年度比1%増)に上り、04年度から4年連続で増えたことが、文部科学省…

ジストニアとか、耳コピが少し楽になりそうなニュース。

Brain Makeover. (Scientific Americanより) 若い音楽家がタクシーの運転手にカーネギーホールまでの道を聞いたら 運転手は「練習、練習、練習だよ」と言ったという小話がありますが、 プロの音楽家ともなるとやはり毎日長時間練習しているんでしょうか。 …

また事業仕分けが始まるわけですが…

研究センター、仕分け免れる=ウナギ完全養殖のおかげ? −刷新会議 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が20日決めた事業仕分け第2弾の対象から、候補に挙がっていた農林水産省所管の独立行政法人水産総合研究センター(本部横浜市)が外れた。同セ…

動き出す超大型プロジェクト。

去年話題になった「30人に30億円」プロジェクト(英語ではFunding Program for World-Leading Innovative R&D on Science and Technology、略してFIRSTと 呼ぶそうです)がスタートしたようで、たぶんそれに合わせたのだと思いますが、 NatureがEditorialとN…

JSTの仲人としての腕は良いのか悪いのか。

持参金480万円付きでも…ポスドク就職支援苦戦 (Yahoo!ニュースより) ポスドクの雇用を希望する企業に対する支援という形で、科学技術振興機構が 高度研究人材活用促進事業というプロジェクトを去年からスタートさせましたが、 その1回目(次はあるのか?…

タコもハイビジョンがお好きなようで。

日本のデジタル放送完全移行は来年の7月ですか。まだデジタルの電波が 届かない地域が残っていたりチューナーを低所得世帯に配れとか色々と 問題はあるようですが、アナログ放送も画面上下に黒帯が出るようになる というニュースも。調べてみたらそういうの…

どんな未来を見ているのでしょうか。

「未来への先行投資」財務相、11年度に科学技術重点配分へ (Yahoo!ニュースのヘッドラインより) 菅直人副総理・財務相は11日の参院予算委員会で、科学技術関連予算について、 「極めて重要な分野と認識している。まさに未来への先行投資として取り組ま…

ハトとヒトの違い

Pigeons beat humans at solving puzzle (msnbc.comより)ある種の課題では人間はハトにも負けるようです(笑) モンティ・ホール問題として知られる確率の問題は、直感的に正しいと思う 解答と論理的に正しい解答が異なる問題として知られています。 リンク…

博士号なんて足の裏の米粒ですよ。

Do scientists really need a PhD? Nature 464, 7 (4 March 2010) Editorial 中国にあるBeijing Genomics Instituteという研究機関では、大学を卒業したての 若い人たちが遺伝子研究におけるテクニックを学ぶために働いているそうです。 彼らは一線に立つ研…

音楽教育が子供の発達に与える影響

Neuroscientist: Think twice about cutting music in schools. (EurekAlert!より) American Association for the Advancement of Scienceという会議で、音楽教育が 子供の発達に与える影響についてのトークがありますよ、というニュースです。 トークを行…

ヒツジを数えるよりも良い方法?

Really? The Claim: Counting Sheep Helps You Fall Asleep. (NewYork Timesより) 眠れないときはヒツジの数を数えろ、とよく言われますが、果たしてそれは本当に 効き目があるのでしょうか? 不眠症の研究から、実際にヒツジの数を数えることはあまり効果…

聴覚野のトノトピーは意外に大雑把かもしれない。

Seeing the Brain Hear Reveals Surprises About How Sound Is Processed (Science Dailyより) 視覚野では、網膜における視覚刺激の相対的な位置関係が再現されており、 レチノトピーと呼ばれています。 これと同じような概念として聴覚野にもトノトピーとい…

どこまで速く走れるか、彦麻呂バンザイ、現代版の草履取り。

New study: Human running speeds of 35 to 40 mph may be biologically possible (EurekAlert!より)昨年の世界陸上では、100m走でウサイン・ボルトが9秒58の世界新記録を出しましたが、 この時の瞬間最高時速は37km/hを越えたとか。これまでは、走るスピー…

盲目の音楽家のための点字楽譜プロジェクト

Making Braille Music Universally Accessible (Science Dailyより)点字で楽譜が書けるという事も初めて知ったんですが、今までは盲目の音楽家に とっても点字楽譜はなかなか利用しづらい状況であったようです。そこでIT技術を 使って世界中の人たちが簡単…

カフェイン中毒にささげるニュース

Study Casts Doubt on Caffeine Link to Tinnitus (Science Dailyより)カフェインが耳鳴りにとって良くない、という噂をこの記事で初めて聞きました。 ちょっとGoogleで調べてみたら、やはりそう謳っているサイトが見つかります。 また、コーヒーや緑茶に…

トイレトレーニングの臨界期?

Best Time to Toilet Train Children Pinpointed Through Research (Science Dailyより)ロバートウッド-ジョンソン医科大学と大学病院の研究によると、4歳〜12歳の 子供たちを調査した結果、トイレトレーニングを生後32ヶ月以降に始めた子供に おねしょや…

ようやく重い腰が?

脳研究の「神話」独り歩きに警鐘 日本神経科学学会 (Asahi.comより) 「読み聞かせ」が脳に与える影響とはK教授の全脳トレかまぼこ 脳を活性化する食感脳科学おばあちゃん説く 「超英才教育」に賛否両論 ニュースを見ていると、「脳科学によると〜」という…